Maker & Designer参加メーカー・デザイナー

静岡の若手 18 名の職人集団「するがクリエイティブ」と、インテリアや建築、アート、インスタレー ションなど様々なプロジェクトを行う「studio yumakano 狩野佑真」のチームです。

するがクリエイティブ

するがクリエイティブとは、静岡の伝統工芸品を紹介する「駿府楽市」で行われた若手職人展が基になり、後継者育成を目的に静岡市地域産業課(現:産業振興課)の提案で20年程前に編成されました。漆芸や染物、木工、蒔絵、陶芸など、メンバーを入れ替えながら、現在18名で活動しています。するがクリエイティブの活動の大きな特色は、異業種間による交流。異業種のコラボレーションをもとに新しい発想が生まれ、伝統文化を継承していくのはもちろん、より新しく深い技術、作品づくりを探求していくことが目標です。常設展示コーナーが静岡駅の「駿府楽市」にあるほか、駿府城公園巽櫓、県や市関連の展示会での販売などの活動をしております。会員各々、伝統工芸に携わる仕事についており(木工、染色、漆芸、蒔絵、陶芸、挽物、下駄など)時代を担う若手職人として活動しています。様々な異種の職人が集まることで各々の技術を活かして独自の商品を開発することも出来ます。23年間続いてきた会の歴史と伝統を活かして様々なチャレンジを続けていきたいと思います。

「するがクリエイティブ」ウェブサイト
http://www.suruga-creative.com/

するがクリエイティブ 所属メンバー

  • 青島 雅子(蒔絵)
  • 伊藤 喜一朗(染色)
  • 稲垣 有里(染織)
  • 岩﨑 翔(木工)
  • 碓田 信之(木工)
  • 光後 明人(とんぼ玉)
  • 後藤 彩乃(染色)
  • 佐藤 仁美(塗下駄)
  • 佐野 暢子(蒔絵)
  • 塩澤 佳英(曲物)
  • 鈴木 緑(染色)
  • 戸田 勝久(木工)
  • 藤中 知幸(漆芸)
  • 前田 直紀(陶芸)
  • 望月 秀敏(陶芸)
  • 百瀬 聡文(挽物)
  • 吉永 卓裕(畳工)
  • 鷲巣 恭一郎(染色)

ふで工房 椛 青島 雅子(蒔絵)

〒426-0071 静岡県藤枝市志太 3-15-9

TEL: 054-639-6506

http://f-momiji.com/

幼少の頃より書を習う。
平成4年、蒔絵師の故水野芳郎氏に弟子入りし、蒔絵の技法を使った文字書き、家紋書きの修行を始める。
その後水野氏の助手をしながら『文字書き、家紋入れ』として独立。 仏具等の小さいものから寺院本堂の天井、柱、天蓋に至るまであらゆる物に文字や家紋を書いています。
それ以外にも、雛道具や表札、刀の鞘や胴着等の家紋入れも行っています。現在、豆を使った和装小物を作り販売をしています。

平成24年『ふで工房 椛』を設立。
新しい工房で製作活動を続けています。

伊藤 喜一朗(染色)

いとう染工 伊藤 喜一朗(染色)

静岡県静岡市葵区川越町 4-19

1969 年静岡市葵区に生まれる。
大学卒業後、会社員を経て29歳で家業であるいとう染工に入り父親に師事。藍染め、柿渋染、科学染料での染めで衣料を中心にインテリアまで幅広く染めています。

稲垣 有里(染織)

Art&Craft YUTORI 稲垣 有里(染織)

〒420-0852 静岡県静岡市葵区紺屋町 3-2 服部ビルB1F

TEL: 090-3587-1596

http://www.yutori.info/

女子美術大学工芸科織専攻卒業後、同校元名誉教授の寺村祐子氏に師事、植物染織を学ぶ。2003年静岡に戻り、染織ユトリとして活動を開始し、着物や帯などを中心に制作・発表する。2006年デンマークにて個展。2009年オリーブ染めの研究・作品制作のため小豆島に招聘される。2010年静岡市芸術文化奨励賞。2012年4月から2015年11月まで静岡市クリエーター支援センターで活動。2015年9月、アフリカ・ルワンダにて女性の就労支援のため機織りを指導。12月、染め、織り、紡ぎなどを中心に、もの作りが好きな人達が世代を超えて学び楽しめるアトリエ、ART&CRAFTYUTORIを紺屋町地下にオープン。

日本工芸会東海支部研究会員
静岡県工芸家協会理事
女流美術家協会会員

木の工房 iwakagu 岩﨑 翔(木工)

静岡県駿河区北丸子2-8-17

http://iwakagu.com/

1982年

静岡県生まれ

2005年

静岡文化芸術大学デザイン学部生産造形学科卒業

2007年

東京藝術大学大学院美術学部工芸専攻木工芸修了

2008年

同大学院研究生

2009年

静岡市北丸子にて、木の工房iwakaguを始める

碓田 信之(木工)

木工房 Tsuwabuki 碓田 信之(木工)

1973年

軽井沢出身

1994年

同志社大学卒業

2000年

北海道立北見高等技術専門学院 造形デザイン科卒業
家具工房ボーボワを経て建築業に従事

2003年

木工房 Tsuwabuki 創設

光後 明人(とんぼ玉)

canary104 光後 明人(とんぼ玉)

1977年

静岡市に生まれる。

2001年

ビーズ作家AndreaGuarino氏の作品と出会い、独学にてガラスのアクセサリー作りを始める。

2002年

高知にあるビーズとボタンの店パスタイムでスタッフとして働きながら本格的な制作活動を始める。
愛媛のとんぼ玉作家河部哲二氏から技術を学ぶ。

2007年

アメリカのビーズ作家MichaelBarley氏のワークショップに参加。

2009年

パスタイムを退職。
静岡に帰郷後、canary104を立ち上げる。

2010年

ギャラリーでの展示やクラフトイベントへの参加など、地元静岡を中心に県内外で活動を始める。

2013年〜

静岡の若手職人グループ「するがクリエイティブ」に参加。

後藤 彩乃(染色)

後藤 彩乃(染色)

1989年生まれ。
2013年東京服装文化学院卒業。卒業後、芹沢銈介の作品に影響を受け、あいぞめ処桜井紺屋桜井茂雄師に師事。型染めによる染色を学ぶ。伝統的な染色技術と、現代的なテキスタイル・色彩感覚をミックスし、独自の作品製作を行う。

佐藤 仁美(塗下駄)

百有余年の伝統を守りつつ、今の時代に合った下駄を作っていきたいと思います。履いてくれる人の「元気の出る下駄」が作れたら幸いです。

2009年

家業の駿河塗下駄を受け継ぐことを決意。静岡市伝統工芸技術秀士である父佐野威三郎氏のもとで修行中。更に静岡市クラフトマンサポート事業を活用し、伝統工芸技術秀士八木睦夫氏のもとで蜻蛉(せいれい)塗りの技法を習得。

2010年

第8回静岡市民文化祭静岡市クラフト協会賞受賞

2012年

グッドデザインしずおか文化賞受賞

2013年

日英交流400年を記念してロンドンで行われた「JAPAN400」の会場で製作実演。

佐野 暢子(蒔絵)

佐野 暢子(蒔絵)

緻密な蒔絵の美しさに惹かれ会社員を経て蒔絵を習う。
2000年より静岡市伝統工芸技術秀士である長谷川雅英氏に師事。
静岡市クラフトマンサポード制度を受ける。
伝統的な技法を学びながら、現代の生活に沿った蒔絵技術を習得。
2016年7月独立。

簪などの和装小物を中心に、小箱やミラーなど日常に彩りを添える作品作りを心がけています。

塩澤 佳英(曲物)

SHIOZAWA 漆工所 塩澤 佳英(曲物)

漆塗師細田豊に師事し桧の曲物、漆塗りの技術を学び2010年よりSHIOZAWA漆工所として自分の色、自然の素材、伝統の技術を用いて曲物(木を曲げて作る漆器、弁当箱など)制作。
あたたかなモノづくりを目指して。

2008年

第34回静岡伝統産業工芸展静岡市長賞受賞

2009年

TheBestSelectionByTOKYOURBANLIFE選出

2011年

第37回静岡伝統産業工芸展静岡県知事賞受賞

鈴木 緑(染色)

紺友染色工房 鈴木 緑(染色)

植物染料を使う手描きのロウケツ染をしています。

写真は線を並べて円を描いたものです。
ロウケツ染は溶かした蝋で筆描きした部分が防染されるので色を残したい部分に蝋で描く、全体を植物染料で染める媒染して発色させます。
乾いたらその色を残したいところを描く、染めるを繰り返しだんだん濃くしていきます。
最後に蝋は溶かして落とし完成となります。

戸田 勝久(木工)

こぞう 匣 style 戸田 勝久(木工)

京都伝統工芸専門学校(現 京都伝統工芸大学)京指物専攻、
名波木工 名波勁氏に師事。
無垢材、突板材、家具、仏壇等の木地製造
こぞう 匣style設立

木製家具、木製小物製造販売

藤中 知幸(漆芸)

漆器製造販売藤中 藤中 知幸(漆芸)

1976年、東京都足立区生まれ。
鳥羽漆芸・鳥羽鐐一に弟子入り、静岡市クラフトマンサポート制度を受ける。 2010年1月独立し、静岡市クリエーター支援センター(CCC)に「漆器製造販売藤中」を設立・工房を開く。 2013年新たな可能性を求めてデザイナーユニット「switchdesign」とともに新しいブランド「オトモシッキ」を始める。 常に漆の可能性を求め、挑戦を続けていきます。

 

所属団体

静岡漆器工業協同組合
するがクリエイティブ
静岡県美術家連盟
静岡県工芸家協会

経歴

1997年3月

鳥羽漆芸・鳥羽鐐一に弟子入り

2010年1月

CCC(静岡市クリエーター支援センター)に工房を開く

2014年3月

工房を移転

前田 直紀(陶芸)

前田 直紀(陶芸)

1977年、静岡県藤枝市に生まれる
大阪産業大学環境デザイン学科卒(星野暁氏に師事)
サラリーマン生活を経て全国窯場を廻る京都宇治にて修業(野嶋信夫氏に師事)
2002年、藤枝で制作を始める
2010年、穴窯築炉

NHK文化センター静岡校、藤枝市陶芸センター元講師

http://naokimaeda.strikingly.com/

所属団体

藤枝市陶芸センター館長
静岡県工芸家協会理事
国際陶芸フェスティバル実行委員

経歴

2013年

Artist in residence (南仏 Vallauris)
International workshop&symposium (フィンランド)

2014年

フランス、モナコ、台湾、韓国、イタリア、チェコ、フィンランドで制作や展示会

2015年

paramita museum 個展(三重県)
静岡カントリーホテル浜岡 個展(静岡県)

2016年

静岡県立美術館 個展 (静岡県)

7/14〜8/17

Arcticlay International forum wood firing(Posio フィンランド)

望月 秀敏(陶芸)

望月 秀敏(陶芸)

1996年

明星大学生活芸術学科陶芸専攻卒業

1997年

同大学研究課程修了、色絵磁器高橋紘氏に師事

1998年

京王百貨店新宿店「米の器展」(〜2016年)

2007年

京王百貨店新宿店「望月秀敏作陶展」

2014年

するがクリエイティブ参加

2015年

静岡県立藤枝特別支援学校臨時講師

百瀬 聡文(挽物)

挽物所 639 百瀬 聡文(挽物)

1983年生まれ
静岡デザイン専門学校卒業後、静岡市伝統工芸技術秀士挽物師岸本政男氏、岸本真紀氏に師事。

木工ろくろ、旋盤を使い、木の皿など、丸いものなら何でも製作してしまう。数十年前は沢山いた挽物師だが、ここ最近は数えるほどになってしまった。

2011年

挽物所639設立

2013年

山に囲まれた古民家(築150年)でmoyocamigalleryをオープン

吉永 卓裕(畳工)

吉永畳店 吉永 卓裕(畳工)

1974年静岡市生まれ、職業 畳師。
大学卒業と同時に父 裕則に師事。
明治31年創業 吉永畳店の四代目。

畳工国家検定一級技能士・職業訓練指導員

2012年、畳界最高峰である文化庁選定文化財畳保存会に選ばれ、全国の国宝・文化財神社・仏閣の技術習得に励んでいる。

鷲巣 恭一郎(染色)

鷲巣染物店 鷲巣 恭一郎(染色)

1979 年生まれ。
「駿河和染」の染色職人。 地元の特産品であるお茶を染料にしたお茶染めを静岡の新しい産業にするべく尽力。
伝統技術の「型染め」を用いたファッションファブリックを染める。

静岡デザイン専門学校非常勤講師

studio yumakano

988 年栃木県生まれ。東京造形大学を卒業後、アーティスト鈴木康広氏のアシスタントを経て2012年5月に自らのデザイン事務所「studio yumakano」を設立。 江戸末期から続く川崎市内の造船所内に事務所を構え、造船所という環境を活かしながらプロダクトデザインを中心にインテリアや建築、アート、インスタレーションなど様々なプロジェクトを行う。

studio yumakano

代表:狩野 佑真(かのう・ゆうま)

〒210-0861 神奈川県川崎市川崎区小島町9-1 根本造船所 2階

http://yumakano.com/

経歴

2011年3月

東京造形大学室内建築学科卒

2011年4月

鈴木康広(アーティスト)に師事。アシスタントを務める。
東京大学先端科学技術研究センター 中邑研究室 交流研究員

2012年5月

studio yumakano設立

2014年4月

(有)根本造船所デザイン部に所属

2015年10月

NPO法人スマイルネジプロジェクト設立 代表理事 (アートプロジェクト)

EXIHIBITIONS & AWARDS

2011年3月

ZOKEI展(東京)  ZOKEI賞受賞(卒業制作最優秀賞)

2014年4月

東京ミッドタウン・デザインハブ第45回企画展 (東京)
「デザインバトンズ〜未来のデザインをおもしろくする人たち」出展

2016年6月

Interior Lifestyle Tokyo 出展 (東京ビックサイト)
Young Designer Award 2016 受賞

2017年2月

国際展示会Ambiente 2017 招待展示予定 (ドイツ)

メディア

The Japan times(新聞)、AXIS(雑誌)、商店建築(雑誌)、エル・デコ(雑誌)、wired UK(WEB)、design boom(WEB)、Gizmodo USA(WEB)など